普及誌

保護中: 平成30年45月度 講師光実研修会・母親教室勉強会

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

 

 

「喜びの真理講演会」4会場で開催!

5/12(土) ~ 13(日) 、県内4会場で「喜びの真理 講演会」が開催され、総数129名の方々にご参加頂きました。講師には生長の家国際本部広報・クロスメ デイア部デジタルメデイア課の西村誠本部講師にお越し頂きました。「豊かな人生をあなたに」のテーマで、 … 続きを読む

 

 

今年も「岩沼市千年希望の丘」で植樹祭! !

岩沼市が主催する「千年希望の丘植樹祭」は昨年で終了いたしました。今年は仙台市青葉区の輪王寺に事務局が置かれて おります「森の防潮堤協会」主催による、岩沼市千年希望の丘 での植樹祭が、4/21(土) に行われました。主催者発表では、 参加総人数約1,500名で、約1万5千本の植樹祭になったそうで す。もちろん、生長の家宮城教区からも参加させていただきました … 続きを読む

龍宮住吉本宮 団体参拝練成会のご案内

Aコース ( 一泊旅行付き) 日 程▶ 6月15日( 金) ~19日( 火) 参加費▶ 参加費104,000 円 ( 奉納金、交通費、観光諸経費含む) 帰途は「西郷どんの舞台・鹿児島」の一泊研修旅行付
Bコース ( 練成会のみ) 日 程▶ 6月15日( 金) ~18日( 月) 参加費▶ 参加費90,000 円 ( 奉納金、交通費含む) … 続きを読む

 

H29 新任講師研修会

第1研修 (1)「講師の使命と心得」・・・松田正道教化部長   第1研修 (2)「基本となる作法」・・・ 松田正道教化部長 … 続きを読む

 

 

 

「生命学園」園児募集!

● 募集内容 対象年齢:幼稚園年中以上~ 小学6 年生まで 開催会場:1.仙台 2 .石巻 3. 岩沼 会 費:毎月1人3 0 0 円( 兄弟割引あり) 毎月1 ~ 2 回( 土日) 開催無料体験募集中!! お申込み・お問い合わせは、生長の家宮城県教化部( 阿部薫 職員) まで … 続きを読む

私の日時計日記 平成30年6月

皆さんの祈りでヘルニアの手術が大成功! 仙台市 熊谷浩安さん 合掌 ありがとうございます。 私は、昨年9月に慢性の腰痛が悪化して、ヘルニアとなり入院して手術をすることになりました。私は生まれつき口が大きく開けないので、手術には条件がつきました。 全身麻酔で手術を行う際に、酸素吸入のチューブで試してみて、駄目だったら手術を延期するというもので … 続きを読む

光のおとずれ 教化部長 平成30年6月

「天地一切のものへの感謝と植樹祭」
生長の家宮城教区教化部長 松田正道
合掌 ありがとうございます。 日一日と、庭先の木々や街路樹が柔 らかな新緑の若葉を身につけ始めている今日この頃です。宮城教区会員信徒の皆様、ありがとうございます。 「杜の都」といえば、全国的にも知れわたっているのが仙台です。同 … 続きを読む

躍進する伊達な 相愛会 平成30年6月

相愛会連合会長 佐藤佳樹
合掌 ありがとうございます。 5月12・13日に、県内4会場で「喜びの真理講 演会」が開かれました。相愛会の担当は、12日(土) 10時から仙台市のエルパーク仙台で開催され、準備、受 付、司会、挨拶、体験談、連絡などを全て男性で行いました。いつも通りチームワーク良くすべてが順調に運 … 続きを読む

明るくはばたく 白鳩会 平成30年6月

白鳩会連合会長 髙木みち子
合掌 ありがとうございます。 新緑がとてもきれいな季節となりました。日頃は、光明化運動にご尽力くださり、また4月28日の全国幹部研鑽会には88名の多くの幹部の皆様に御参加いた だきありがとうございました。色々な係でお役を引き受 けてくださいました方々、これといったトラブルもなく手 際よく任務を終えてくだ … 続きを読む

喜び溢れる 青年会 平成30年6月

光実議長 櫻井真紀子 合掌 ありがとうございます。 日頃より青年会にご愛念をお寄せいただき誠にあり がとうございます。 さて、先月行われた喜びの真理講演会で、中学三年 生の長女が体験談発表をさせていただきました。内容は … 続きを読む

 

真理の灯台 講師会 平成30年6月

地方講師会長 富樫幸男
合掌 ありがとうございます。 生長の家総裁谷口雅宣先生、白鳩会総裁谷口純子先生ご 指導の全国幹部研鑽会等が4月28日の白鳩会全国幹部研鑽会、29日には相愛会・栄える会合同全国幹部研鑽会、 翌日30日は青年会全国大会が本部練成道場(飛田給) … 続きを読む

 

編集後記 平成30年6月

光のおとずれ 編集後記 平成30年6月 ◆間もなく「谷口雅春大聖師33年祭」を迎えます。 谷口雅春著作集第1巻、『光明法語』のはしがきに次のようなことが書かれています。発刊に当たって編集者から谷口雅春先生に、はしがきを書いてほしいとの依頼があり、その案の書き出しが「私が運動の第一線から退いて長崎の風光明媚な大村湾に面した公邸に移り住んでから約10年 … 続きを読む

このページの先頭