普及誌

宮城県教化部 所在地

概 要| 教 え|沿 革| 入 会|何でも相談

生長の家 初めての方へ

「いのちの環vol.3」より引用

生長の家はどんな教えですか

生長の家では、善一元である唯一絶対の神を信仰していて、人間の本当の姿=実相は完全円満な「神の子」であると観ます。一方、私たちが感覚するこの現象世界は、心(コトバ)で作られる世界であるとして、私たちは神の子として善きコトバによって、人生を明るく豊かに創造することができると説いています。また、すべての宗教の奥には人類共通の救いの原理があるとして、それを互いに認め合う「万教帰一」(ばんきょうきいつ)の教えを説いています。

このページの先頭

生長の家総裁の講話を聴きたい

生長の家総裁の講話をお聴きになりたい方は、毎年、全国各地(約30教区)で開催され、 信徒だけでなくどなたでも参加できる生長の家講習会にお越し下さい。講習会では谷口雅宣・生長の家総裁、谷口純子・生長の家白鳩会総裁の講話があるほか、信徒による体験発表などが行われます。生長の家の教えとその信仰生活の事例を知るための最適な行事です。

このページの先頭

気軽に講話を聴きたい

生長の家本部講師の体験談を交えた分りやすい講話を、ニッポン放送(1242KHz)をはじめ、全国二十一局のラジオ番組「幸福への出発」で聴くことができます。この講話はウェブサイト「幸福への出発」でも公開していますので、いつでも好きな時間にパソコンで聴いたり、オーディオ・プレーヤーに入れてどこでも聴くことができます。
※ラジオ放送「幸福への出発」はインターネット上でも聴くことができます。 毎週日曜日に更新中、http://onair.jp.seicho-no-ie.org/

このページの先頭

身近な所で学びたい

あなたの地元で女性、男性、青年のそれぞれを対象にして毎月開かれる誌友会をお勧めします。誌友会では講師の講話や座談会などを通して教えを気軽に学ぶことができます。誌友会には教義を中心に学べるものと、絵手紙を描くなど開催者の技能や芸術的感覚を生かして教えを学ぶ2つのタイプがありますので、関心のある誌友会をお選び下さい。

このページの先頭

生長の家の本を読みたい

生長の家では、夫婦や子育てなどの家庭の問題、職場の人間関係、事業繁栄の問題を人間神の子の教えに基づいて様々な角度から説いた単行本や、地球環境保全、生命倫理、国際平和などの今日的問題について説いた書籍、CD等を取りそろえています。ご希望の方は、(財)世界聖典普及協会(株)日本教文社、または宮城県教化部に直接問い合わせるか、各サイトにアクセスしてご注文下さい。一般の書店やネット書店に直接注文することもできます。

このページの先頭

よい子に育てたい

生長の家では、子育てをサポートする様々な場を設けています。既婚者の女性や子育て中の女性を対象にした「ヤングミセスの集い」「母親教室」、また、お父さんのための 「父親教室」があります。さらに、子供自身が学ぶ「生命学園」(対象は小学6年まで)、小中高生には春・夏・冬の休暇などに合わせて開催する「青少年練成会」などがあります。

このページの先頭

生活を変えたい(生長の家の練成会について)

仕事や家庭での問題、病気などで人生や生活に行き詰まりを感じたら、生長の家の教えを合宿形式で学べる練成会をお勧めします。講師による講話をはじめ、信徒の体験談を聞いたり、生長の家の瞑想法である神想観の実修などを通して、信仰による心と生活の立て直しをはかることができ、驚くほど問題が解決していきます。

このページの先頭

生長の家に入会するには

生長の家に入会したい場合は、生長の家の人類光明化運動・国際平和信仰運動に献資(寄付)をする「生長の家聖使命会」に入っていただきます。聖使命会員の種類は、次の通りです。入会の手続きについては、地元の生長の家教化部にお問い合わせ下さい。 ・生長の家護持会員(月額一口400円以上) ・生長の家什一会員(月額一口1000円以上) ・生長の家特志会員(什一会員にして月額(十口)以上)・・・など

このページの先頭

活動に参加するには

生長の家の活動に参加すると、地元の誌友会で教えを学びながら、仲間と一緒に地域や職場を明るくし、世界の平和に貢献することができます。相愛会(男性)白鳩会(女性)青年会(青年男女)の組織がありますが、これらの組織の会員になると、より深く教えを学べるとともに、全国の仲間の信仰と活動の喜びが掲載された機関誌「生長の家」(月刊)と、教団の最新情報が載った「聖使命」新聞(月刊)が直接お手元へ送付されます。

このページの先頭

生長の家のあゆみは

生長の家は、谷口雅春・創始者(1893~1985)が長年にわたる求道・精進の末に、「人間は神の子である」という悟りを得て、その喜びを伝えるために、昭和五年に『生長の家』誌(月刊)を発刊したのが始まりです。これを読んだ読者の多くが「人間・神の子」の本性に目覚め、人生の様々な問題を克服し、次々と仲間を増やして全国各地に組織を結成していきました。こうして谷口雅春によって始められた、人類の生活の全面を光明化しようとする「人類光明化運動」は、谷口清超・前生長の家総裁(1919~2008)、そして谷口雅宣・生長の家総裁(1951~)へと継承され、今日では、善一元なる神への信仰によって世界の平和をめざす「国際平和信仰運動」として、日本をはじめ北米、中南米、アジア・オセアニア、欧州の世界各地の拠点を通して運動の輪を広げています。

このページの先頭

本尊は

生長の家の本尊は「生長の家の大神(おおかみ)」と仮に称していますが、「生長の家」とは「大宇宙」の別名であり、大宇宙の本体者(唯一絶対の神)の応現または化現のことであります。正しい宗教の本尊は、この唯一絶対なる神を別名で呼んでいるものであるとして、いかなる名称の神仏も同様に尊んで礼拝します。また、生長の家では、本尊を現す像などは造らず、あらゆる宗教の本尊の奥にある「実相」(唯一の真理)を礼拝するため、『實相』と書いた書を掲げています。

このページの先頭

宮城県教化部 所在地

宮城教化部

〒981-1105
仙台市太白区西中田5-17-53
TEL:022-242-5421
FAX:022-242-5429

 

 

バス「長町南・太白区役所前3番」⇔「西中田7丁目西」

仙台市営地下鉄 南北線「長町南」駅より
宮城交通バス「尚絅学院大行き」に乗車「西中田7丁目西」停留所降車

バス時刻表


「西中田7丁目西」停留所降車よりJR「南仙台」駅へ

バス時刻表

JR「南仙台」駅

JR「南仙台」駅より、こ線橋を渡り徒歩約15分
西中田小学校・七十七銀行西中田支店付近


このページの先頭